内藤総合病院で勤めていた山下夕貴さんが市ヶ谷病院に転職した体験日誌|看護師の転職体験日誌『ダイアリン』

看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 > 総合病院 > 内科全般 > 内藤総合病院で勤めていた山下夕貴さんが市ヶ谷病院に転職した体験日誌 New!! 2015.7.14. 二之宮病院で勤めていた田仲涼子さんが山手山道病院に転職した体験日誌

記事

LINEで送る

転職前の内藤総合病院について

病院概要

お医者様1人が独裁国家の様に全てを牛耳っている病院が内藤総合病院の正体です。今の医院長に変わってから病院の形態も変わりました。

 

前職では総合病院で精神科を担当

看護師の私が麻酔科に所属しているといってもたかが知れています。出来るとしても本当に補助的なことしかありません。診察に来られた患者の対応がほとんどです。それに不満を持っている分けではありませんが他の仕事もしたいと日々考えていました。

 

内藤総合病院の時にあった求人情報

雇用形態:正社員(常勤) パート・非常勤(夜勤)パート(非常勤) 

 

転職を考え始めたきっかけ

最初は、無我夢中に働いていました。右も左も何も気にすることなくただひたすら真剣に業務をしていました。でも、医院長が変ってから病院内の雰囲気がガラッと変わったのです。毎日通うのですが少し怖さを感じるようになっていました。医院長が新しくなってから私は違う病院に行きたいと思うようになりました。

 

転職後の市ヶ谷病院について

病院概要

以前、勤務していた病院に感じが似ている気がしました。もちろん医院長が変わる前の病院です。私は、ここでもう一度働こうと思える明るい感じのある病院です。

 

転職後は一般病院で内科全般を担当

私は、精神科で働く技量がなかったのかも知れません。転職してきてからは内科へと勤務先を変えました。これは本当に大当たりでした。入院している内科病棟は本当に静かで驚きました。ですが、1階が整形外科であったので、夜でも騒がしい時はありました。

 

 

転職前の病院情報

病院名 内藤総合病院
病院の種類 総合病院
病床数 80床
診療科目 25科目

転職後の病院情報

病院名 市ヶ谷病院
所在地 神奈川県市谷市三鷹町
病院の種類 一般病院
病床数 50床
診療科目 12科目

登録されているタグ

ページ・トップへ
Copyright c 2017  看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 All rights reserved.