一宮第二病院で勤めていた松崎麻知さんが坂崎総合病院に転職した体験日誌|看護師の転職体験日誌『ダイアリン』

看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 > 一般病院 > 外科全般 > 一宮第二病院で勤めていた松崎麻知さんが坂崎総合病院に転職した体験日誌 New!! 2015.6.1. 二之宮病院で勤めていた田仲涼子さんが山手山道病院に転職した体験日誌

記事

LINEで送る

転職前の一宮第二病院について

病院概要

綜合病院に勤務していたこともあり専門の先生が多くいらっしゃいました。日々教えて頂くことが多過ぎて困惑もしましたが、次のステージへステップアップが出来ると思っていたので楽しく仕事をすることが出来ていました。一緒に働いている看護スタッフは皆が皆、患者のことを第一に考えて行動される人しかいない職場でした。

 

前職では総合病院で小児科を担当

私は、小児科を担当していました。絶対に小児科で働きたいという気持ちはなかったのですが流れというわけでありませんが、小児科で働くことになりました。それでも私は子どもが好きなこともありそれが功を奏したようで子どもからも安心されるいい先生をさせて頂いていました。診察は主に身体検査のレベルの事をしていました。

 

一宮第二病院の時にあった求人情報

①看護師②准看護師を募集しています。給与に関しては①社員は月給310,000円でパートであれば時給2,400円に②は、社員が210,000円でパートだと時給は1,800円になっています。

 

転職を考え始めたきっかけ

本当によい病院だったので私にはそれが少し不満というか不安でした。何もかも全て揃っている病院でしか私は何もできないのではないだろうかと考えるようになりました。先日ドキュメンタリーで、海外で働く日本人看護師の話をしていました。私はそれに感化されて転職を志しました。

転職前の病院情報

転職後の病院情報

ページ・トップへ
Copyright c 2017  看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 All rights reserved.