マーライ病院で勤めていた平野加賀美さんが王将病院に転職した体験日誌|看護師の転職体験日誌『ダイアリン』

看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 > クリニック > 整形外科 > マーライ病院で勤めていた平野加賀美さんが王将病院に転職した体験日誌 New!! 2015.5.30. 二之宮病院で勤めていた田仲涼子さんが山手山道病院に転職した体験日誌

記事

LINEで送る

転職前のマーライ病院について

病院概要

マーライ病院はスタッフの全体的な技術も高く地域からの信頼も高い病院でした。給料もよく待遇面も充実していたのですが、スタッフの雰囲気があまりよくありませんでした。他の病院の看護師よりも高い給料をもらっていることからくる優越感からなのか、態度が横柄な看護師が多くいました。非常に態度が悪いので看護婦長に直訴したことがあるんですが。全く改善されずにむしろ悪化したと思える程でした。このような環境で働きたくないと思い転職しました。

前職では大学病院で小児科を担当

マーライ病院では小児科を担当していました。小児科の看護師になるのは昔からの夢でした。そしてその希望道理に小児科で働くことが出来幸せでした。しかし、小児科の看護よりも整形外科での看護をしっかりと身に付けたいと思い転職を機に整形外科へと転向しました。普段何かあった時に素早く対応できるのでかっこいいなと思ったんです。

転職を考え始めたきっかけ

転職を本格的に考え始めたのは先輩と喧嘩をした時です。マーライクリニックはスタッフ同士の関係性が薄く、仲間同志で食べに行ったりプライベートで遊んだりと言う事もないですし、一緒に協力し合うという概念がありません。毎日の勤務に息苦しさを感じてしまい、耐えられなくなって転職を希望したんです。やはり看護同士のコミュニケーションは一緒に仕事をする上で大切だと痛感しています。

転職前の病院情報

病院名 マーライ病院
所在地 大阪市東淀川区
病院の種類 大学病院
病床数 258床
診療科目 内科、外科、小児科

転職後の病院情報

病院名 王将病院
所在地 大阪市北区
病院の種類 クリニック
病床数 5床
診療科目 整形外科
ページ・トップへ
Copyright c 2017  看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 All rights reserved.