矢田クリニックで勤めていた針中野杉子さんが七道病院に転職した体験日誌|看護師の転職体験日誌『ダイアリン』

看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 > 総合病院 > 内科全般 > 矢田クリニックで勤めていた針中野杉子さんが七道病院に転職した体験日誌 New!! 2015.5.28. 二之宮病院で勤めていた田仲涼子さんが山手山道病院に転職した体験日誌

記事

LINEで送る

転職前の矢田クリニックについて

病院概要

最低な職場でした。大きなクリニックと違い人も少なく空間も狭いので、いわゆるサル山の番長のような存在がいて言う事が理不尽ですごいストレスになっていました。入社して下っ端からのスタートということは覚悟していましたが、尊敬も出来ない上司に理不尽な事を言われるのは耐えきれないと思いました。院長に対してはすごく取り繕いが上手く、他の看護師への横柄な態度からは考えられないへこへこ具合で非常に腹が立ちました。こんな人の下で働きたくないと思いました。

前職ではクリニックで内科全般を担当

クリニックでの業務は非常に忙しかったですが、サル山番長の看護婦長に押し付けられる仕事の量がものすごく参ってしまいました。スタッフどうしの連携も非常に悪く作業効率が悪いので患者様の回転も悪く忙しい割に全然仕事が減らないと言う状態になっていました。看護婦長が全ての原因でしたね。

矢田クリニックの時にあった求人情報

求人情報には9:00~18:00と書いていたんですが大嘘です。全体的にスタッフの仕事が遅いので診察が終わった後に残業をして事務処理や記入仕事をやっていて大体2時間~3時間の残業はサービスでやっていました。せめて残業代が出ればと思うんですが、こんな環境下ではまともな生活はできないと思いましたね。給料は28万円スタートと高い方でしたが、残業代が出ないことを考えると全く高いとは言えない給与でしたね。

転職前の病院情報

病院名 矢田クリニック
所在地 兵庫県神戸市
病院の種類 クリニック
病床数 20床
診療科目 内科

転職後の病院情報

病院名 七道病院
所在地 兵庫県明石市
病院の種類 総合病院
病床数 380床
診療科目 内科

登録されているタグ

ページ・トップへ
Copyright c 2017  看護師の転職体験日誌『ダイアリン』 All rights reserved.